NEWS

ニュースリリース

水道管等 凍結のご注意

年末年始の冷え込みが予想されたおりますので、みなさまのご家庭の蛇口や水道管等の凍結について、事前の防止・対応をご案内させていただきます。
 

水道管の凍結する温度と場所

凍結の目安となる気温は?
凍結の目安となる気温は「マイナス4℃以下」です。
マイナス4℃以下になると水道管や蛇口の凍結が多く発生しますのでご注意ください。
 
凍結しやすい場所

  • 水道管がむき出しになっているところ
  • 水道管や蛇口が北向きにあり、風が当たって日陰になっているところ
  • 北向きにある水まわり

水道管の凍結防止方法

保温材などの取り付け

  • 屋外でむき出しになっている配管や蛇口などには、保温材の取り付けや凍結防止ヒーターなどの取り付けが効果があります。

少量の水を出しておく

  • 蛇口や水道管が凍らないためには、就寝前に鉛筆の芯の太さぐらいの水を出しておく。

ガス給湯器の凍結防止方法

  • ガス給湯器には、「ガス給湯器本体の凍結防止装置」が搭載されています。給湯器内の凍結予防ヒーターが凍結の危険のある気温近くなると自動的に作動します。

    給湯器の電源プラグを抜いてしまいますと作動しないため、電源プラグは抜かないようにしてください。
  • 通水により凍結防止が可能です。
    リモコンの運転スイッチを「切」にしていただき、ガス給湯器のガス栓を閉め、給湯栓(お湯の蛇口)を開いて、少量の水を流したままにしておきます。
  • 給湯器付近でよく発生する凍結は、給湯器への給水管、給湯管の凍結が多く見受けられます。この部分に保温材料を巻いておくだけで、凍結防止につながります。

※万が一凍結してしまったら、気温の上昇により自然に解凍するまでお待ちいただくことをお勧めします。
※凍結での修理につきましては有償修理となります。

リンナイの給湯器凍結についてLinkIcon

水道管が凍ってしまい、水が出なくなった時は

  • 蛇口や凍結している配管にタオルをかぶせ、その上からゆっくりと「ぬるま湯(50℃くらい)」をかけてゆっくり溶かします。
    ※熱湯を急にかけると、蛇口や水道管が破裂することがありますので、ご注意ください。
  • その他凍結した部分にドライヤーの温風をあてる、室内であれば暖房を入れて部屋を暖める、使い捨てカイロなどの低温の暖房機能のある商品を凍結した部分に充ててみるのもよいかもしれません。