LPガスの流通について

 成分から見ると、LPガスは、天然ガス、ガソリン、灯油、軽油及び重油と同じ「炭化水素類」です。炭化水素とは、炭素(C)と水素(H)との化合物を言います。
 天然ガスは炭素数が1〜2の炭化水素であり、LPガスは炭素数が3〜4の炭化水素で、いずれも常温・常圧ではガスです。また、炭素数はガソリン、灯油、軽油、重油の順に増え重い成分となって、これらは常温・常圧では液体です。
 LPガス・原油・天然ガスなどの化石エネルギーは、太古より太陽の恵みを受け繁殖した動植物が地中に埋没し、長い年月を経て分解され、地層の背斜構造(山の形になった部分)に蓄積されたものです。また、石炭は樹木が水中で炭化したものです。LPガスは、次の方法で生産されます。
 
1. 採掘された原油の中にあるボイルオフガスを分離・抽出
2. 採掘された天然ガスの中にあるコンデンセートガスを分離・抽出
3. 石油精製過程等で生成されるものを分離・抽出

石油掘削設備(オイルリグ)

 
 なお、LPガスは、更に分離され「炭素数3のプロパン」と「炭素数4のブタン」に分けられて製品化されます。
 LPガスは、液化石油ガスと呼ばれていますが、石油からも天然ガスからも生産することができるガス体エネルギーです。世界のLPガス供給の約6割は油田や天然ガス田からの随伴ガスです。
 
 
 

 LPガスは、海外からの輸入が80%を占めています。輸入LPGは、天然ガスや石油を採掘するときに、メタン・エタン・プロパン・ブタンといった軽質炭化水素が出てきて、そこからプロパンとブタンをLPGとして分離し、製品化され日本に輸入されます。

LPGオーシャンタンカー


 輸入LPGは、低温で液体にしたLPGをLPG専用タンカーで日本に運んできます。日本に運ばれた低温LPGは、日本の低温輸入基地に貯蔵され、次に常温で圧力をかけた液体状態でタンクローリーに積まれ、自動車用はLPG自動車スタンド、産業用は各工場、都市ガス用は都市ガス会社、家庭用や業務用は充填工場でLPGボンベに詰めてご家庭や業務用のお客さまに届けられます。

 
LPGは、何かあっても安心してLPGをご利用いただけるよう備蓄が義務づけられており、現在LPGメーカーに義務づけられている「民間備蓄50日」に、2010年までに「国家備蓄30日」が加わり、日本のLPG備蓄は80日分となります。
 
 

 
 一般家庭などの比較的小口消費者に対するLPガス供給システムには、個別供給システムと、導管供給システムがあります。導管供給システムはさらに、法律規制の区別により小規模導管供給システムと簡易ガス供給システムに二分されます。

個別供給システム

個別供給システムは、一般家庭向けLPガス供給の中心的な供給形態です。

個別供給システム

その供給は、各戸にLPガス容器を設置してLPガスを利用する形態で、LPガス容器(ボンベ)の種類は、10kg・20kg・50kg入りが一般的です。また、家屋内で使用される場合は、20リットル容器以下の使用のみと規定されています。
つまりは、お客さまが必要とされる場所、される時に供給が可能なエネルギーがLPガスということです。

LPガスの配送にはトラックが活躍

 

 

導管供給システム

導管供給システムは、特定のLPガス供給設備から道路下に埋設された導管を経由して各家庭などへガスを供給する形態です。LPガス使用量は、個別供給システムと同様に消費先に設置されたガスメータでカウントされた数量をもとに計算されます。
 なお、LPガスによる導管供給システムは、法律上の区分で、供給規模(消費先70戸が区分点)によって、小規模導管供給と簡易ガス供給の2つに分けられます。
 

小規模導管供給

70戸未満の消費先へ

小規模導管供給

LPガスを供給する場合に該 当し、一般のアパート・マンション及び小規模団地に採用されています。適用される法律は、液化石油ガス法 (液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律)です。

簡易ガス供給

70 戸以上の比較的規模

簡易ガス供給

の大きい団地やマンションなどの消費先へLPガスを供給する場合に該当します。簡易ガス供給は、小規模導管供給とは違い、都市ガス事業者の既得供給エリアでは原則的には供給することができません。適用される法律は、ガス事業法となります。また、ガス料金は、ガス事業法に基づくため、認可料金制となっています。
 


バルク供給システム

バルク供給は、従来より工場等への大規模な供給方法として用いられてきましたが、1997年(平成9年)の改正により、一般家庭を含む小口の消費者に対する供給手段としても利用できるようになったもので、従来のものと区別するため「新バルク供給システム」と呼ばれることもあります。

バルク貯槽(よこ型)


 バルク供給システムとは、消費先に設置した貯槽または容器に、LPガスバルクローリから直接充てんするものです。貯槽には主に地下式と地上式の2種類があり、容量・形状はかなりのバリエーションがあるので、設置場所の状況に応じて最適なものを選択できるようになっています。
 LPガスの使用量は、消費先に設置されたガスメータでカウントされた数量をもとに計算する場合と、バルクローリに設置された充てん質量計により計算する場合の2種類があります。

バルク供給システム