こんにちは、LPガスです。

 みなさまのご家庭にお届けしていますLPガス。LPガスは、全国のご家庭の約55%(平成16年)ものご家庭で使用されています。
それほど、身近なエネルギーをご紹介します。

LPガスは石油ガスを液化したもので、正確には液化石油ガスといいます。 そしてこの英訳をした  Liquefied Petroleum Gasの頭文字を取ってLPガスというのです。

 
LPガスにはいろいろな種類があります。みなさんのご家庭で使われているLPガスはほとんどがプロパンとよばれ、内容成分についてもほとんどが98%以上プロパンで構成されています。 他にカセットガスコンロ、100円ライターの中に入っている液体はブタンと呼ばれる成分でLPガス(液化石油ガス)と総称します。
また、町の中で見かけるタクシーなどは、ほとんどがオートガスと言われるLPガス(液化石油ガス)で走っています。
 
 
 
 
 

LPガスは、簡単に液体になる性質があります。液体にすると体積は気体の250分の1になります。
 
液化プロパンの沸点は-42度。室内温度ではあっという間に気化します。産油国からタンカーで運んできたり、製油所からタンクローリーで運んだりする時は液体にして効率よく運びます。
 
LPガスは、空気より重く、空気の1.5倍の重さを持つ気体です。俗に都市ガスと呼ばれるガス体(13A)と比較すると、ガス漏れしたときには13Aは空気より軽いため天井付近で、プロパンガスは空気より重いため床付近で溜まります。その性質べつにガス漏れ警報器の取付についても13Aは天井付近、プロパンガスは、床から高さ30cm以内と取り付ける規定があります。
 
LPガスの燃焼範囲は、プロパンが空気中に分散して空気と混じりあい、次第に濃くなって空気中の濃度が2.2%から9.5%(ブタンは1.9%から8.5%)の範囲になった時、燃えたり爆発したりするのです。
 
 
 
 

気体のプロパンガス1m3(立方メートル)を燃やすと約24,000Kcal、ブタン1m3(立方メートル)は約31,000Kcalの熱量を発生します。
 
ちなみに、都市ガス(13A)は、1m3(立方メートル)プロパンガスの約1/2の12,000Kcalです。

 
 
 
 

 
最近、色々なニュースで取り沙汰されている環境問題。今後、この地球をきれいにしていくには、環境のことをもっと考え直さなければなりません。
エネルギーという面から考えますと、ご家庭、工場等で使われるエネルギーを見直す時代にきているのではないかと考えます。
私たちに、エネルギーのない生活は考えられません。色々なエネルギーが持つ特性を考えながら、環境に優しいエネルギーを選ぶことが必要です。
化石エネルギーの中でもLPガスは環境負荷が小さく、LNG(天然ガス)と同等に優れたクリーンエネルギーとしてLPガスが位置付けられています。