当社の供給していますLPガスは・・・

お客さま宅へ供給させていただくガスは、LPガス(C3H8)です。1m3当たりの発熱量は、約100.46MJ/ m3(24,000kcal/ m3)となります。


LPガス料金は、ガスの使用量とは関係なく、一定額を毎月お支払いいただく「月額基本料金」と、LPガスの使用量に応じて単価が変わる「従量料金」を合計した金額になっています。
従量料金は、毎月のガスのご使用量と「原料費調整単価」により変動します。

※一部のお客さまによっては該当しない場合があります。

 

当社のガス料金に含まれるもの
基本料金

LPガスをお使いいただくための基本的な設備費用・管理費用等

1.ガスメーターに関する費用
2.ガスメーター周辺の配管費用
3.LPガス容器の維持管理費用
4.LPガス調整器に関する費用
5.検針等諸経費
6.保安に関する費用
7.他

 
従量料金

LPガスのご使用量に応じてお支払いいただく料金

1.LPガス原価
2.LPガス配送費等
3.他

 
原料費調整

LPガスは、石油と同様に輸入に頼っています。その原料費は、中東地域のサウジアラビアなど産ガス国が決定するLPガス輸出価格、北米シェール由来のLPガス相場や為替の動き、輸入船燃料費など外部要因・経済情勢に応じて変動します。当社では、こうした経済・エネルギー情勢の変化や石油石炭税の改定、諸経費の変動を、LPガス料金に反映させて透明化するため、「原料費調整制度」を導入しています。 
当社の原料費調整制度は、お客さまに安定的な価格で供給することを目的としておりますので、毎月調整を行わず大幅な変動、一定の変動幅をもって適時に原料費調整をいたします。
なお、調整を実施させていただく場合は当月検針までに書面をもってお客さまにお知らせさせて頂きます。

原料費調整に必要な項目は以下の通りです。

LPガス輸出価格:LPガス産油国(サウジアラビア・米国等)からの輸出価格を基に国内への輸入比率を加味し決定します
適用為替:三菱東京UFJ銀行発表の外国為替の対顧客電信売相場(TTS)の前月1日~末日の平均を採用


当社のLPガス料金制度

  • 当社の一般ガス料金は、「2部料金スライド制」を採用しております。

二部料金制度とは、「基本料金」と「従量料金」との合計で算出されるものです。
また、スライド制とは従量料金単価がガス使用量が増えるに従い、低減されていきます。

  • 当社の選択ガス料金は、「複数二部料金制」を採用しております。

複数二部料金制度とは、ガスの使用量に応じて複数の区分に分け、その区分ごとに「基本料金」「従量料金」を設定する制度です。

  • 「原料費調整制」を採用しております。

原料費調整制度は、原油価格や為替レートによって変動する価格を、出来るだけ速やかにガス料金に反映させるための制度です。
当社の原料費調整制度は、お客さまに安定的な価格で供給することを目的としておりますので、毎月改定を行わず大幅な変動があった場合に適時にガス料金を調整いたします。
なお、原料費調整を行う場合は事前にお客さまにお知らせいたします。


LPガス料金計算方法

弊社LPガス料金の基本的な計算方法は、下記通りとなります。
 

※地域別LPガス料金制度

LPガスの料金は、LPガス供給事業者各社の供給件数、規模や流通の違い、地域差等様々な要因により異なっているのが、実情です。
弊社では、お客さまが安心してご利用いただけるよう、お求めやすいガス料金での供給を目指し、日々努力致しております。

石油情報センター 地域別LPガス価格(外部リンク)